新築を建てる時に考えたいプラスとマイナス

新築を建てる際、最初に悩んだのは冬の除雪作業の時にどこに雪を捨てられるかです。

雪を捨てるにもお金がかかるので、捨てる場所があれば良いなと思いました。

そして暖房器具についても悩みました。主流はオール電化でしたが、調度電気料金が値上がりし始めた時で、灯油ストーブを設置するかパネルヒーターにするかで悩みました。

また、照明の位置とコンセントの位置を想像の中だけで決めるのが難しかったです。見取り図と自分の頭の中に思い浮かべた部屋の中だけで決めなければならなかったからです。

除雪対策は、不動産屋さんにとにかく家の横にスペースのある土地を見つけてもらいました。

その為に何度も色々な土地を見に行きましたが、ちゃんとした雪投げスペースが無ければ断る、そこだけは妥協せず探してもらいました。

逆に、そのうち電気料金が安くなるのではないかという人の話をうのみにしてパネルヒーターを付けましたが、まず電気代が思った以上に高かった事と、パネルヒーターが寒すぎて家の中を温めるにはすごい暖房費がかかるという事で、入居三年目にして灯油ストーブの設置を検討しています。

最後に照明とコンセントの位置ですが、どうしても欲しい場所(我が家は鍋をする時に使う場所)だけを不動産会社に伝え、後はほぼお任せという形をとりました。

雪捨て場は必ず確保した方が良いと思います。年間数万かかるものが一生となると費用は莫大です。

暖房器具に関しては人それぞれの温度差はありますが、肌に当たる温風があるだけで温かさを感じる事が出来、それはパネルヒーターには出来ないものなのでぜひじっくり考えて決めていただきたいです。

照明とコンセントの位置ですが、特に照明に関しては寝る部屋をホテルの様な照明が良いと思いダウンライトにしましたが、立ってスイッチを消さなくてはならず、リモコン式にしたらよかったなと思いました。

全てを決めるのは自分たちですが、色々な家を見学したり、家を建てた知り合いに良い点悪い点を聞いて参考にすることも大切だと思います。

 

クレジットカードの即日発行じゃけん 健康マニアによる無病ライフ 女性向けエステ.com 住宅リフォーム総合情報 マッサージのリアル口コミ.com 英語上達の秘訣 生命保険の選び方 家計見直しクラブ 生命保険の口コミ.COM 工務店向け集客ノウハウ