注文住宅とプライバシーの注意点

木造の一戸建てに住んでみますと、外からの視線が気になってしまう事があります。それは意外と盲点なので、注意が必要です。
一戸建て住宅は、必ず道路に面しています。もちろん道路では、多くの通行人が歩いているのです。
その道路に面した住宅に住んでいると、通行人から見られるのが気になってしまう事があります。通行人から住宅の中が丸見えになってしまえば、視線が気になるのも当然です。
このため家作りの際には、目隠しなども考える必要があります。道路に面しているなら、窓から見られてしまう事がないよう、ブロック塀などは作っておく方が良いでしょう。その壁があるだけでも、だいぶ視線が気にならなくなります。
注文住宅について色々考えていきますと、とかく間取りに目が行きがちです。間取りが狭いと、住み心地も悪くなってしまうからです。
しかし住宅の住み心地は、間取りだけが全てではありません。プライバシー対策も忘れないよう、注意が必要です。